ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

スポーツグラスに最適な「NXT」というレンズ素材ですが、どんなカラーでもご用意があるわけではありません。

決まったカラーしかない理由は、透明のレンズを好みのカラーに染色するのではなく、透明のレンズの表側に、厚さ0.9mmの色を練り込んだものを貼り付けて製作するからです。

ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

この製作方法の良いところは、度数の差やレンズの厚みによって、色ムラや色抜けを起こさない事です。

また、調光レンズの場合においても、表面コートではないので、ミラー加工をしても調光しないといったトラブルもなく、ミラー加工をしてもしっかり調光してくれます!

では、ICRX NXTの調光レンズをご紹介します。

(1) まず始めに、広い用途に使用できる「スカイクリア」「デイナイト」で、オードビーのお客様にも一番よく使われています。
完全な透明からスタートではありませんが、夜間でも使用可能な透過率となっています。
デイナイトには、HCD(ハイコントラスト技術)が採用されています。

ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

 

(2) 次に、可視光線調光(紫外線以外に光にも反応して色が変わる)の、「エクストラアクティブ・グレー」「エクストラアクティブ・ブラウン」

ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

ほぼ透明からスタートします。
色の変わり方の選択肢も、グレーの他にブラウンが選べます。
調光レンズは、気温が高いと色が変わり難いのですが、夏場の気温が高い時でも、可視光線でも調光する為、色が変わりやすいです。
車の中でも調光するため、ドライブにもおすすめです。

 

(3) 最初に50%ほど色のついた状態から調光する「392/45グレー調光」「B1/40ブラウン調光」

ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

夜間使用しない方に限定されますが、日差し避け効果が高く、なおかつ曇天でも使用できる。
目元を隠したい方や、ミラー加工をしたい方も、この濃さからスタートする調光レンズがおすすめ。

 

(4) コントラスト重視の調光レンズ「コパー調光」「PLUS3S GREEN可視光調光」

ICRX NXT 調光レンズのラインナップ

こちらも夜間使用しない方に限定にされます。
HCD採用のコントラストを高め、パフォーマンス向上させるレンズ。
晴天時のGOLFやSKIなどにおすすめ。

 

(5) 偏光調光グレーの「S392/35」や「ドライブウェア」もラインナップにありますが、調光機能、偏光機能をそれぞれ分けて考えた方がおすすめなので説明を省略します。

 

(1)〜(5) のレンズに、オプションでミラー加工が出来ます。
ミラーの種類は、シルバー、ゴールド、ブルー、レッド、ピンクゴールドになります。
シルバー、ゴールド、ブルーの3色は、ミラーの具合が薄いフラッシュミラーも選べます。

*ミラー加工は注意点があります。店頭でご相談頂くか、以前ブログで紹介した「カッコいいミラーレンズの見え方は?」を、ご参考下さい。

 

度付きで製作を希望される方には、単色のレンズですと、幅広い用途や時間帯で使用するのは難しいです。
状況に応じて掛け替えする事なく、常に掛け続けられる調光レンズを、スポーツグラスを最初の1本目に選ぶ際におすすめします!

以上、ICRX NXTの調光レンズの個性豊かなラインナップでした。

オードビー大阪 難波

 

NXTレンズ販売元
株式会社アイシージャパン
http://www.ic-j.co.jp/lens/icrx/

オードビー 大阪
https://eaudevie-osaka.com