米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

日中の気温も低くなり、朝晩は特に肌寒く感じるようになりました。

寒くなれば、日常生活や、スポーツをする際に、メガネやサングラスのレンズが曇り易くなってきます。

レンズの曇りを防ぐための方法として、「防曇コートレンズを使用する」方法と、「レンズに曇り止めを塗る」方法があります。

防曇コートレンズの場合、曇り止めを塗る手間が掛からないので楽ですが、メンテナンスの際に、専用クロスを使用しないといけなかったり、市販のメガネクリーナーが使用できないなど、取り扱いに制限があります。

曇り止めを使用する場合、塗る手間は掛かりますが、必要な時にだけ塗り、水や中性洗剤で洗えば落ちるので、取り扱いはいたってシンプルになります。

防曇コートレンズも、曇り止めレンズクリーナーも、トータルのランニングコストは変わりません。

曇り止めレンズクリーナーの方が、他のメガネやサングラスにも使用できたりするので、利便性が高いのではないでしょうか。

普段の生活で使用するメガネレンズには、市販されているメガネ専用の曇り止めレンズクリーナーを使用します。

当店で扱うスポーツグラスやセーフティーグラスには、元から曇り止め加工がされているレンズや、レンズの素材やコーティングの種類によって、市販の曇り止めが使用できない場合があります。

今回ご紹介する米軍採用の曇り止めレンズクリーナーは、今までメンテナンスが出来なかったレンズにも使用できるため、スポーツグラスのメンテナンスにおいて画期的な商品となります!

●McNETT社製 「Op Drops」

容量:7.5ml
原産国:MADE IN USA
¥680(税別)

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

タクティカルアイウェア「ESS」の製品全てに使用可能です。
曇り止め加工されたレンズにも使用可能です。
アルコールフリーの為、あらゆるスポーツグラスのポリカーボネート製レンズに使用可能です。

<使用方法>

(1) レンズの内側に1滴落とし、指先でやさしくレンズ全体に広げます。
(2) 液が乾かないうちに、メガネ拭きまたはマイクロファイバークロスで仕上げ拭きします。
※液を出し過ぎると、仕上げ拭きが大変になります。

<取り扱い注意点>

(1) 水泳ゴーグルには使用できません。
(2) 誤って目に入った場合は、すぐに水で洗い流して下さい。
その後、痛みや刺激が続く場合は、医療機関へ相談して下さい。
(3) 小さなお子様の手の届くところには、置かない様にして下さい。

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

米軍採用の曇り止めレンズクリーナー

何回か使用してみましたが、曇り止め効果はもちろん、レンズもすごく綺麗になります。
米軍採用という事なので、サバイバルゲームで使用するアイウェアにはおすすめですね!
匂いが多少きつめですので、香りが苦手な方はご注意下さい。

オードビー大阪 難波

輸入元 ESS JAPAN (株式会社ノーベルアームズ)