SMITH 展示会に行ってきました

SMITH 展示会に行ってきました
当店の取り扱いブランドである「SMITH」の2021年新作発表会へ行ってきました。

SMITH 展示会に行ってきました

SMITH 展示会に行ってきました

SMITHですが、日本ではスノーゴーグルが有名で、アメリカにて創業56年と歴史もあり、特にアクションスポーツのフィールドで支持の高いブランドです。

当店では、サイクリングやフィッシング、度付き対応モデルを中心にセレクトしております。

特に2020年は、SMITHのフィッシング偏光サングラスが多くのアングラーに評価された年でした。

そして2021年も継続して、問い合わせの多いブランドの1つであります。

そんなフィッシング偏光サングラスの注目モデルが「Freespool MAG フリースプールマグ」

SMITH 展示会に行ってきました

8カーブ設計でしっかりと顔との隙間を埋め、サイトフィッシング専用のサイドシールドが搭載されています。

テンプルがマグネット式(SMITHが得意とする機能)で簡単に脱着でき、サイドシールドがないノーマルテンプルも付属します。

SMITH 展示会に行ってきました

日本では数量限定という事で、展示会にいった時に既に完売しておりました…。

という事で残念ながら当店では取り扱いがありませんので、ご了承下さいませ。

続いて、8カーブ設計で、日本企画モデル「Aura オーラ」

SMITH 展示会に行ってきました

こちらは新作というより、リニューアルしたモデルで、今回で第3世代目です。

日本人の骨格に合せたフレーム設計で、とても掛け易いモデルです。

流行の浅いカーブのフレームと比べ、視野の広さは抜群なのですが、2世代モデルからさらに上下幅を大きく改良されております。

フレームキットの販売もあるので、度付きレンズや、使用目的に合せた機能的レンズへのカスタマイズも可能です。

続いてご紹介するモデルも、日本人の顔にフィットするノーズパッドを搭載した「Pinpoint ピンポイント」

SMITH 展示会に行ってきました

6カーブ設計で、スポーツ以外にライフスタイルでも活躍しそうなデザインです。

元はランニング等で使用する事を目的とした設計で、軽くてもズレ難いフィット感が魅力です。

2021年より、日本製POLARX偏光レンズ搭載のラインナップが増えております。

そして、2021年新たに加わったモデルとして、「Eastbank イーストバンク」や、「Bayside ベイサイド」「Contour コンツアー」などがあります。

Eastbankは、Snare(スネア)という人気モデルの後継という位置づけ。

SMITH 展示会に行ってきました

Baysideは、女性に向けたモデルで、Caper(ケイパー)に似たバタフライスタイルのデザインを継承。

SMITH 展示会に行ってきました

Contourは、展示会にサンプルが間に合わなかった様で、実物も見れませんでしたが、Pinpointに近いデザインのようです。

SMITH 展示会に行ってきました

今回の展示会で、フィッシング偏光サングラスとしては、テンプルが細いものが目立った印象です。

デザインを主張するよりも、快適な掛け心地を意識したモデルが多く、ターゲットを絞らない万人受けするのではないでしょうか。

また、サステナブルの流れから、再利用可能な素材を使用したフレームやレンズで生産されており、自然環境への影響を最大限に減らす取り組みがされております。

サイクル向けの新作も見てきましたが、長くなってしまったので、後日あらためてアップ致します。

引き続き2021年も、SMITHは注目のブランドの1つですね!

オードビー大阪 難波