OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

春らしい気候が続き、店内もドアを開けて営業するのに丁度良い陽気です!

お花見サイクリングなんて気持ちよさそうですね!(^^)!

春の訪れと共に、素敵な度付きスポーツグラスをオーダー頂きました。

当店の顧客様で、トライアスロンが趣味のS様より、OAKLEYのシールドレンズを採用した「SUTRO S」の度付き製作をご依頼頂きました。

おそらく、度付きで製作したお客様は、世界初?ではないでしょうか!
OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例
そもそも、度付きにする事を想定していない特殊なレンズ形状のため、ご相談を受けてから、はたして綺麗に仕上がるのだろうか?と不安がありました。

オードビー東京店が、SUTRO Sが発売された早々に、度付きにできるのか試作をしていましたので、お客様へ仕上がりのイメージを画像でお伝えする事ができたのが、正式にご注文を承ることができた理由として大きかったと思います。

OAKLEYのJAWBREAKERのダイレクト度付き同様に、センターで左右に分割したレンズを繋ぎ合せて製作します。
OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例
度付きレンズは、特殊な素材ICRX NXT(粘りのある防弾レンズ)を使用し、通常よりも直径の大きいレンズを特注します。

フレームの玉型や傾斜、そり角といった細かいデータに、お客様の度数データを照らし合わせ、完全オーダーメイドにて製作していきます。

最大限レンズの大きさを確保してもSUTRO Sの場合、フレームの中心から一番遠い場所(耳側の下)は、レンズの径が足りない為に隙間が空いてしまいます。
OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例
この隙間がポイントで、これを良しとするかの判断は人それぞれ違うと思うのです。

今回ご注文頂きましたお客様は「かえって通気が良いのでは!」と、おっしゃって頂けたので、製作に踏み込む事が出来ました。

実際に完成した商品で確認しても、僕個人としては決して悪い印象は無かったです。

ご使用用途によって、機能面(風が巻き込むなど)でのデメリットが生じる可能性はあるかもしれませんので、お渡し後数ヶ月後に、使用感をお聞きしたいと思っています。

フィッティングに関しては、ノーズの高さとフレームの傾斜角の調整を行い、トライアスロン用のセッティングを施しました。
OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

いやぁ~本当に綺麗に仕上がって良かった!!

貴重な第1号の度付き製作をご注文下さいましたS様には本当に感謝です<m(__)m>

他のお客様には、実物を店頭で見て頂く事が出来ませんが、画像で楽しんで頂ければと思います。

ご相談やご注文も、是非、お待ちしております。
OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

OAKLEY「SUTRO S」度付き製作例

フレーム:OAKLEY SUTRO S MATTE BLACK ¥24.920
レンズ:ICRX NXT 392/45 NON VARIA SILVER MIRROR ¥58.300

※SUTRO(大きい方)、SUTRO LITE(ハーフリム)では製作できません

オードビー大阪 難波