レンズが曇る時の対処法「ノーズパット編」

いよいよ、冬本番って言いたいところですが、ここ数日は暖かい日が続いていますね!
寒い時期の訪れとともに、「レンズの曇り」という悩みが出てくるかと思います。

簡単な対処法として、曇り止めを塗る方法があります。
しかし、レンズの素材やコーティングによっては、レンズの表面がダメになるなど、
市販の曇り止めが使用できない場合があります。

曇り止め以外の対処方法として、目とレンズの距離を離す方法があります。
オードビーでは、使用用途や、1人1人のお顔に合わせて、フィッティングをおこなっております。
そんなフィッティングに不可欠な、チューニングパーツをご紹介します!

●OAKLEY RADAR系のノーズチューニング
写真上:デフォルト
写真下:チューニング後

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

 

●OAKLEY レーシングジャケットのノーズチューニング
写真上:デフォルト
写真下:チューニング後

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

 

●OAKLEY クロスリンク/ストレートリンク系のノーズチューニング
写真上:デフォルト
写真中:チューニング(ミドル)
写真下:チューニング(ラージ)

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

 

●OAKLEY FLAK系のノーズチューニング
写真上:デフォルト
写真下:チューニング後

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

 

●白いフレームや、女性の方で、目立たないタイプのチューニング

ノーズパットチューニング

ノーズパットチューニング

 

OAKLEYを中心にご紹介しましたが、他のメーカーでも可能です。
もちろん、眼鏡フレームのノーズチューニングも可能です。

●アセテート(プラスチックフレーム)のチューニング
フレーム上:デフォルト
フレーム下:チューニング後

ノーズパットチューニング

 

今回ご紹介したチューニングパーツは、販売目的で製作しておりません!

快適にスポーツを楽しんで頂けるよう、あくまでサービスの一環として製作しています。

オードビーで購入頂きますと、フレーム全てにフィッティングやチューニングパーツのサービスがついてきます。

※パーツ(部品)の種類やチューニング(加工)方法により納期が掛かります。
※使用されて後の消耗品パーツは有料となります。
※お持ち込みフレームについては、店頭にてご相談頂いてから、お受けするか判断致します。

今まで、悩まされていた掛け心地の悩みを、一緒に解決しましょう!