防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

前回のブログでご紹介した、米軍制式採用のアイウェア「ESS」というブランド。

今回は、ESSの一眼レンズモデル「CROSSBLADE NARO」の、度付き製作例をご紹介したいと思います。

以前では不可能だった一眼レンズ(1枚につながったレンズ)の度付き製作ですが、現在は度数やレンズの種類によって、製作が可能となりました。

製作するにあたり、(1)割れない防弾レンズを使用する事と、(2)通常より、直径の大きいレンズが必要な事が条件となります。

<(1)を使用する理由>

一般的には聞きなれない「防弾レンズ」ですが、実際には「ICRX NXT」「HOYA PHOENIX」「ポリカーボネート」「MAX TREMER」などのレンズがそれに該当します。

耐衝撃性に優れ、弾丸も通すことの無い割れない素材であることから、スポーツグラスや、セーフティグラスのような、特殊な形状のレンズでも、加工中に破損したりしません。

また、お客様がご使用中に、フレームやレンズに負荷が掛かったとしても、レンズが割れる心配がありません。

<(2)を使用する理由>

どんなメガネやサングラスでも、度付きで製作する場合、右目と左目の度数を分けなくてはなりません。

また、目の位置も人それぞれ違います。

一眼レンズを度付きで製作する場合、1枚につながったレンズを2つに分ける必要があります。

ちょうどレンズの真ん中で半分に分割し、左右それぞれの度数や目の位置のレンズを製作したら、最後に左右のレンズを真ん中でピタッと合わせます。

一般的なメガネやサングラスであれば、左右のレンズの間にフレームの枠(ブリッジ)が存在しますが、左右のレンズを合わせる一眼レンズの場合は、その部分にもレンズが必要となるので、通常よりも直径の大きなレンズが必要となるわけです。

今回ご紹介するのは、「ICRX NXT」のクリアレンズで製作したものです。

度数は、右<S-4.25>左<S-5.25>という数値(度数)で、一眼ダイレクト度付きで製作できるギリギリの度数です。

防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

センター部分に縦に線が入ります
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

視野の広さは抜群!!
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

 

防弾レンズは薄型加工がない為、レンズに厚みがでてしまいます
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

<ノーズ側>複雑で繊細なレンズカットも、防弾レンズだからこそ可能
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

<耳側>薄くスライス加工して、フレームの溝に装着します
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

ノーズパッドが取り付く部分も薄くスライス加工されています
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

最後にノーズを取り付けて完成!!
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

オリジナルパーツで高さを調整したもの(当店ご購入のお客様は無料)
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

 

度付き製作の場合、まつ毛がレンズに触らない様に、ノーズの高さの調整が重要!!
防弾レンズの一眼ダイレクト度付き製作

一眼ダイレクト度付き製作の場合、レンズとフレームを接着してお納めする場合がほとんどです。
ご使用中に強い衝撃が加わり、レンズが外れてしまう事もゼロではありません。

より安全にご使用頂く為に、ご契約時にレンズの接着をご了承頂いております。

天候やご使用用途によって、レンズを頻繁に交換されたい方には、一眼ダイレクト度付きでの製作は向いておりません。
紫外線に反応して色が変化する「調光レンズ」であれば、レンズを交換しなくても、どんな状況でもご使用頂けるのでお勧めです!

ご購入前に、実際に体験頂けるよう、店頭にサンプルもご用意しております。
また、すでにフレームをお持ちの方には、レンズのみの製作も承っております。

OAKLEYや、他のブランドの一眼レンズタイプも、度付き対応しているモデルもございます。
まずは、お気軽にご相談下さいませ!

オードビー大阪店 難波