念願のしまなみ海道サイクリング

11月15日~16日と、しまなみ海道へサイクリングに行ってきました!

念願のしまなみ海道サイクリング

しまなみ海道と言えば、サイクリスト憧れの地であり、いくつもの小さな島々に架かる橋の上を自転車で渡れる場所というのは、世界的に見ても珍しいみたいですね。

今回は当店の常連様アテンドで、船中一泊という旅の行程で、今治側より尾道を目指すルートを選択しました。

関西圏の方にはメジャーらしいのですが、ホテル並みに船内が豪華な「四国オレンジフェリー」を利用し、船中で一泊(もちろん個室です)するそれだけでもテンション爆上がりの旅でした(^o^)

念願のしまなみ海道サイクリング

オードビー大阪に18時半に待ち合わせをし、そこから大阪南港のフェリー乗り場まで17kmをライド。

1時間ちょっとで到着し、乗船名簿の記入や手続きを済ませます。

念願のしまなみ海道サイクリング

オレンジフェリーならでのサイクリストには嬉しい「マイバイクステイ」という自転車を輪行バッグなどに崩さず、そのまま部屋に持ち込めるプラン¥10.500を利用しました。

現地について輪行解除する時間が省けるので、現地に着いてすぐに出発したい方には凄く便利ですね。

20時より乗船開始され、22時に出航しますので、出航まで船内でゆっくり食事やお風呂を楽しみました。

船内に自転車を持ち込む前にタイヤの汚れを綺麗に落とします。

念願のしまなみ海道サイクリング

部屋までバイクを押して運ぶので他の人の視線がきになります。

念願のしまなみ海道サイクリング

デラックスシングルは想像以上!バイクスタンド、テレビ、加湿器、パジャマなどアメニティも充実

念願のしまなみ海道サイクリング

船内のレストランで鯛めしを頂きました。とってもジューシー!

念願のしまなみ海道サイクリング

生ビールで乾杯!

念願のしまなみ海道サイクリング

翌朝6時に愛媛県の東予港に入港します。

朝食を船内のレストランで済ませ、慌てずゆっくり準備してから下船しました。

東予よりしまなみ海道のスタート地点である今治を目指します。

東予港から今治まで約20㎞を自走するか迷ったのですが、予讃線の壬生川駅(にゅうがわ)より波止浜駅まで輪行する事にしました。

通勤通学の時間帯なので一番後ろの車両に乗るのがおすすめ!

念願のしまなみ海道サイクリング

同じように輪行された方が数組いらっしゃいました。

念願のしまなみ海道サイクリング

7時31分壬生川駅発→8時12分波止浜駅着

輪行解除し、ブルーライン(道路に敷かれた推奨ルートの線)に沿って、しまなみ海道の来島海峡大橋を目指します。

8時45分 来島海峡大橋

念願のしまなみ海道サイクリング

来島海峡大橋は距離的にも長く立派な橋なので、瀬戸内海の絶景を朝イチで拝めて最高でした!

橋の上では「フォーッ!」「サイクゥー!」って何度も叫んでました。

橋を渡りきって最初の島が大島となり、そこから宮窪峠を越えるために上りが続きます(^_^;)

峠を越え海岸線にでたらお塩で有名な伯方島を目指します。

伯方・大島大橋を渡りきると、気持ちの良い海岸線に出ます。

10時00分 道の駅「伯方S.Cパーク マリンオアシスはかた」

フォトスポットがいくつもあり映えます!

念願のしまなみ海道サイクリング

瀬戸内島レモンソフト美味!クリーム系ではなくシャリシャリ系

念願のしまなみ海道サイクリング

道の駅で写真撮ったりソフトクリーム食べたり小休憩しました。

伯方島は外周コースが面白いみたいなので、またゆっくり時間をとって訪れたいですね。

次に大三島を目指します。

大三島大橋を渡りきり、サイクリストの聖地記念碑のある多々羅しまなみ公園を目指します。

ここまでの行程でも、しまなみ海道の魅力でもある多島海の絶景でお腹いっぱいになってました。

海上にある自転車専用道路は、スリルもあり爽快感もあり、空中散歩してるかの様に気持ち良くサイクリングが楽しめます(^o^)

11月中旬で肌寒いかと思ってましたが、ほぼウィンドブレーカーを羽織る事なく、瀬戸内海の穏やかで温暖な気候もサイクリングにはぴったりでした。

11時10分 道の駅「多々羅しまなみ公園」

レストランで海鮮丼を頂きました。瀬戸内海の新鮮なお魚うまし!

水軍海賊丼 ¥1.650

念願のしまなみ海道サイクリング

サイクリストの聖地記念碑でパシャリ

念願のしまなみ海道サイクリング

多々羅大橋を渡り生口島へ向かいます。

橋の中央に広島県と愛媛県の県境があります。

念願のしまなみ海道サイクリング

橋を渡りきると、生口島の名物でもあるレモン谷が出迎えてくれます。

瀬戸田サンセットビーチを抜け、瀬戸田町観光案内所へ。

12時25分 瀬戸田港

瀬戸田から尾道までは残り30㎞弱で、時間的には余裕がありましたが、常連様とも相談して今回のしまなみ海道のサイクリングはここで終了としました。

13時25分発の瀬戸田~尾道行きの船でワープする事に。¥1.800

念願のしまなみ海道サイクリング

出航までの待ち時間、しおまち商店街にある「自転車カフェ&バー汐待亭」で休憩しました。

14時10分 尾道駅前

しまなみ海道には航路も充実しており、今回のように旅の途中でもプランを変更できます。

体力と相談したり、ゆっくりと島をまわったり、色々なプランが組み立てられるので、何度もしまなみ海道を訪れる事があっても、飽きさせる事が無いのでしょう。

実際に訪れてみて、今度は尾道側から行こうとか、途中の島でキャンプしたいとか、いろいろと夢が広がります。

尾道からは、輪行して山陽本線で福山駅まで行き、福山駅から新幹線に乗り換えて新大阪まで。

新大阪には17時に到着し、輪行解除して自宅まで自走して帰りました。

1週間たった今もしまなみロスです(*_*)

アテンドお願いした常連様とも、旅の中で色々な話で盛り上がったり、美味しいもの食べたり、何よりしまなみ海道の絶景を共感しながらライドできた事は、とても良い思い出となりました。

@tanibon14本当にありがとうございました!

瀬戸内の豊かな自然を楽しみながら、今後も自転車の旅を続けて行きたいと思います。

しまなみ海道へサイクリングする際、サングラスのレンズカラーや、度付きサングラス製作について是非ご相談お待ちしております。

オードビー大阪 難波